読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えたヒント

日々是考えたこと

とある38歳誕生日の日常

自分では悲劇の主人公だとおもっていても、それは他人から見ると 喜劇の主人公に見えるかもね。(読み人知らず)

 

本編

 

え?

僕は誰かって?

 

ああ そういえば

自己紹介がまだだったね

 

僕はごくふつーの38歳の男

38歳っていっても今日なったばかりで

まだまだなりかけ

 

奥さん一人と娘が一人

最近 引っ越しをして 奥さんの実家が近くなったので

孫の顔みたさによくお義母さんがきます。

 

そんな 僕の誕生日の出来事。

 

誕生日も38回目になればいろいろあるもので

昔は 0:00に「誕生日おめでとう」といってくれた奥様よりも

Facebookでの友達の「おめでとう」メッセージが早かったりするのにも

特に驚かず。

 

朝起きて、

「ああ そういえば 誕生日ね おめでとう」という感じの奥様に声をかけられ

「なに?誕生日!! 何のケーキ? ねえ ケーキ何?」とケーキに夢中の娘に

「誕生日おめでとう いちごのいっぱい乗ってるケーキね」と声をかけられ

いざ バイトへ(仕事は休みで今日はバイト)

 

バイトから帰ってくると(18:30ごろ)

娘 号泣

奥様 怒髪天をつく という修羅場に遭遇。

 

娘→外に出るのがめんどくさいので、家で

奥様→準備めんどくさいので、外食で

 

昼寝から起きたばかりの娘は機嫌が悪い

 

なく、わめく、あばれる・・・。

 

僕の気持ちを歌にすると


けんかをやめて - YouTube

 

けんかをやめてー ふたりをとめてー

 

誕生日は僕なんだけど

場外乱闘っぽく盛り上がった二人を静止するきにもなれず

僕は、長そうなので、別部屋で仮眠。

1時間くらいして 起こされると

「結局家で食べることにしたんだけど

ピザ ほか弁 某スーパーの惣菜 どれがいい?」

 

あー すげー 3択。 

いろんなもんので、妥協してるなあ。

 

ここまでくるといろいろめんどくさいので

「ほか弁」を選択

(ピザ・・・奥様 電話がきらい→自分で注文

惣菜・・・基本いつもの夕食風景をかわらない)

 

というわけで

38回目のお誕生日にならんだのは

某ほか弁の 幕の内弁当(梅)

某お菓子店の「いちごがのったケーキ」

 

ケーキのろうそくはなぜか4本・・・。

 

ハッピバースデーの歌はありましたが

プレゼントはだれからももらってないなあ・・・。

 

ケーキにのってるいちごは、娘に食べられ

「何にもいわないから困るわ」と奥様に言われながら食べるケーキは

ちょっとだけ塩味をかんじたような気がしたのは、気のせいか

 

Facebookでの友達の「おめでとう」メッセージとコメントに

返事をすることだけが、誕生日らしかったなあ

 

途中で 文体がかわってるけどまあいいや(笑)

 

明日は

自分でケーキ買ってこよう

 

誕生日おめでとう 僕!!